top of page

【翻訳】性差別発言に対するIWG、WSI、IAPESGWの声明

この記事は2021年2月11日に掲載された英文記事を翻訳したものです。原文は以下のリンクからご参照ください。


世界の女性スポーツ擁護団体が東京2020組織委員会会長・森喜朗氏の性差別的発言に関して


===========================================


合同声明(2021年2月11日)

女性とスポーツに関する国際ワーキンググループ(IWG)

ウィメンスポーツ・インターナショナル(WSI)

国際女性体育スポーツ協会(IAPESGW)


===========================================


女性とスポーツに関する国際ワーキンググループ(IWG)、ウィメンスポーツ・インターナショナル(WSI)、国際女子体育スポーツ協会(IAPESGW)は、東京2020組織委員会(TOCOG)会長の森喜朗氏による、スポーツのリーダーシップにおける女性、さらにはスポーツ全体の女性に関連した性差別的な発言に衝撃を受け、怒りを感じ、深い不満を抱いています。


IWG、WSI、IAPESGW は、オリンピック・パラリンピック運動の価値観や国連のアジェンダ、持続可能な開発目標(SDG)5 「ジェンダー平等」とは大きくかけ離れた、また、日本の人々、そしてスポーツやスポーツを通じた世界の男女共同参画の推進のために活動するすべての人々を怒らせた森氏の発言を非難します。


IWG、WSI、IAPESGWは25年以上にわたり、草の根からエリートレベルまで、国際的なスポーツや身体活動のシステムのあらゆる部分において、女性と女子の可視性と発言力を高めるために活動してきました。これは、3つのアドボカシー組織すべてにとって行動の中心的な柱であり、グローバル・パートナーとしての私たちの共同ミッションの中心となっています。


国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、日本オリンピック委員会(JNOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)は、すべてIWGブライトン・プラス・ヘルシンキ2014「女性とスポーツに関する宣言」に署名しています。


私たちは、森氏の個人的な行動がこの公約を反映したものであるとは考えておらず、私たちは、すべての多様性の中で女性が公正で平等な経験を得られるようにするために、すべてのパートナーとともに活動を続けていきたいと考えています。


===========================================


女性とスポーツに関する国際ワーキンググループ(IWG)は、スポーツと身体活動を通じて女性と女児のエンパワーメントと公平性の実現を目指す世界最大のネットワークであり、1994年に英国ブライトンで開催された第1回世界会議で設立されました。1994年に英国ブライトンで開催された第1回IWG世界会議で設立され、現在も「女性とスポーツに関するブライトン+ヘルシンキ宣言」の守護者として活動しています。


WomenSport International (WSI)は、スポーツと身体活動が女児と女性の生活の中で注目され、優先されるようにするという課題に応えるために結成されました。WSIは、30カ国以上の国々を代表するメンバーを擁する、課題と行動をベースにした組織です。


International Association of Physical Education & Sport for Girls and Women (IAPESGW)は、女性と女子のスポーツと体育のために活動している会員を支援し、専門的な能力開発と国際協力の機会を提供しています。IAPESGWは、五大陸と40カ国以上に会員がいます。

閲覧数:213回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page